FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
新年の抱負 その2
仕事に対して傍観者になるな!高い目標を掲げ、行動計画に落としこみ、期日を持って、日々、確認、週単位、月単位、半期単位で実行修正をし続けなければ目標を達成することはできない。

かぶら屋の研修の中でも話しますが、
目標を持ち、日々、努力し続ける人と、
ただ、作業を繰り返すだけの人とは雲泥の差が生まれます。

もっと、もっとムキになれ!
熱くなれ!情熱だ!
信念を持ち、努力し続けることこそが成果を生む!

かぶら屋のビジネスは飲食の新しい事業のスタイルと考えています。
サラリーマンとして会社に依存することなく、
店舗のスタッフ一人一人が自立をし、

商人(あきんど)として日々自己研鑽を行い、
生産性を高め、高い報酬を取り、
お客様にとって日常の中になくてはならないお店とされること。

一人一人の自立とはそれぞれが、お客様に喜んで頂くことを
まず第一に考え、お客様の評価である売上を最大限に高める努力をし続けること。
同時に協業(チームワーク)

我々一人ではビジネスはできません。
個々の個性を活かし、チームを創り、チームとしての成功を目指せ!
そのために仲間の成功を支援し、人を育てることでまた自分が学ぶ。

店を運営することで、各々が店の中で学び、考えそして、教え、
店自体が教育の場となることである。

「安くて、旨くて、楽しい」がなければ、ビジネスの土俵に上がらない。
そこに、早いという仕組みを落とすことで小さな居酒屋というビジネスとなる。
私たちは、今、多くのお客様からの支持を頂き、期待感を寄せて頂いております。

この、お客様のご期待に応えるべく更なる店の磨きこみ、
商品の磨きこみ、我々自身、人格を磨きこみ続けなければいけません。

「お客様に喜んで頂き且つ徹底して生産性を高め、
       日本一収益性の高い小さな居酒屋を目指します。」

それが、小さな居酒屋かぶら屋!なのです。
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」