FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
低価格居酒屋が氾濫
政府がデフレを発表する中、居酒屋業界においても低価格戦争
過去にハンバーガー業界の低価格戦争
牛丼業界の低価格戦争、ラーメン業界なども

過去の低価格競争では居酒屋業界の価格破壊は無かったように記憶しますが
今回は、三光マーケティングさんの金の蔵や鳥貴族さんの280円均一
コロワイドさんのえこひいき、モンテローザさんの「厨房うちくる」など

牛角のレインズインターナショナルさんも「ぶっちぎり酒場」をオープンし
その他の居酒屋チェーンも均一価格で生ビール270円戦争が起こっております。
実際のお店を覗いてみますとそこにはしっかりと仕組がありました。

見事に勝手に飲ませる仕組を提供しております。
お店の人に干渉されること無く、好きにでき
メニューはタッチパネルのオーダリングシステムでお客様が楽しみながら注文

アルバイトは商品を運ぶ時だけの接客でよく、注文時に跪くこともいらず
オーダーを待っている必要も無い。
デーブルでオーダーを待つ時間が無くなるのは非常に生産性が高まります。

オーダリングシステムでオーダーを受けて、商品を作って運ぶだけですから
従来の半分くらいの人数で対応ができ、且つ、店の店員を呼んでも来ないような
ストレスを感じず、店側にとっても教育の簡素化が図れ、新人を即戦力化できる。

お客様にとっても中途半端なアルバイトならいないほうがありがたい。
私語をしているようなスタッフや呼んでも来ないようなスタッフがいるお店に
行くくらいなら、勝手に飲むスペースを提供してもらい、安くしてもらえる方が有難い。

低価格均一店が広がる理由が良くわかる。
そんな状況であるから、我がかぶら屋も押され気味・・・
魅力の無い店舗は即座に低価格店舗に押されています。

そんな、低価格戦争に勝ち抜くために!
何が必要なのでしょう?
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」