FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
かぶら屋の調理試験
かぶら屋では、調理資格試験を行っております。
昨日も、調理試験を行いましたが
これが、なかなか大変です。

私とグループの専務を前にして想いを語り、その想い道理の商品が提供されたか?
それをチェックする試験です。
昨日はこんなことがありました。

こういった、緊張した場面では、なかなか想い通りの商品が提供できないものです。
緊張のあまり、フライヤーの火をつけ忘れて、フライがうまく揚らずやり直し。
その時点で、段取りが狂って、パニック・・・・

想い通りの商品が提供できなくなってしまいました。
もちろん、こういった、緊張感の中でお客様に商品を提供することは
普段、ないことではありますが、

そんな中で、専務から良いお言葉を頂戴しました。
こういった、環境のテストは言わばサンプルつくりと同じ。
「サンプルが正しく作れないという事は、商品をよく理解していないこと」

まさしく、その通り!
串、一本毎の形、厚み、大きさ、焼加減、塩加減。
塩かタレか、盛り付けの仕方。

全てにおいて、材料をよく理解し、良いサンプルが作れなければ
人への説明もできません。
ただ、料理を提供するのではありません。

ポテトサラダにおいても、もつ煮においても、お客様が見て美味しそう!
食べて、美味しい!人に対しても、こうやって作るんだよ!
そう教えられる見本つくりなのです。

これが理解できて、実践できること。これが、かぶら屋の調理資格なのです。
その後は、日々精進。
お客様にいつでも、美味しい商品を素早く提供できるようにそこからは訓練。

また、次回のチャレンジャー!楽しみにしております。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」