FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
またまた、すごい会社!
メガネの21という広島にある会社さんで
先日のカンブリア宮殿で紹介されていました。
明日、2週連続放映されますが

MCの村上龍さんも驚かれていてそんな会社があるはずがない。
どうしたら、そんなことができるのか?
これは、本当に画期的な理想の仕組ではないか?

そういった経緯で、2週連続での放映となっているようです。
メガネ21専務 平本 清(ひらもと・きよし)氏、実際は創業者ですが
会社でリストラされて現在のメガネ21を創業

この会社の驚くことは利益を全て社員に分配する。
そして、赤字も同じく分配する。社員に分配することで社員が内部留保する。
新店を作るときは社員に出資をお願いし、社員から借り入れを起こす。

結果として、無借金経営。そして、社員に対しては借金をして年利を支払っている。
こうして、独立する社員も同様に全社員に対して出資を募り返済する
そういった、全て社員に対して儲けも損失も分配。

通常の会社は会社がリスクを負担するため会社に内部留保し資産を増やす。
この、資産を元に新たな借金をして投資を繰り返す。
小さい元手が大きな金を生むシステムが現在行われてきた株式会社

ところがこの会社ときたら、毎年の利益は殆んど無い。全て社員に分配してしまう。
利益を出さないから法人税は払っていない。
しかし、社員の所得が増えるから社員が税金を払っている形になる。

理にかなってますよ!これって本当に・・・そして、この後をまた聞きたくなりました。
管理職を持たない経営。
マネジメントの方法など、評価制度ものすごく興味を持ちました。

店舗展開をする上で、めがね屋さんも同じなのです。
自分は、店舗(小売)を構えますと必ずや出店が止まった時点で問題が起こる。
そう、飲食店の構造的な問題を解いてきましたが、もしかして・・・

何か、考えられそうな気がしてきました・・・
明日の放映が楽しみです。
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」