FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
バンコクのショッピングセンターと食材事情
ショッピングセンター売り場 (4)

バンコク都内には郊外型の大ショッピングセンターが点在します。
カルフールやロータスといった欧米系のショッピングセンターや
日系の富士スーパー。

富士スーパーは日本の品ぞろえが中心で、陳列の仕方も日本式。
欧米系のショッピングセンターはとにかくボリューム陳列。
天井が高く、開放感があり、取れない高さまで商品をならべています。

生鮮売り場は、写真のようにフルーツの種類が非常に多く、
色鮮やかです。
肉類は豚と鳥が中心で牛肉はほとんどありません。

価格的には、鳥、豚は非常に安く、その他ハムソーセージなど豊富。
日本のような、袋詰めの売り方ではなく、
写真のようなバラ売りが中心。

ショッピングセンター売り場 (7)

魚売り場は南国のために種類は少ない。
しかし、サーモンなどは生鮮での搬入があるようで、
ヨーロッパなどからの輸入されているようである。

貝類は少ないが、ハマグリがあった。
業務筋の方はショッピングセンターでの仕入れを行っているようで
食用油などは18Lの缶で販売されていて驚く。

菓子や調味料、飲料など欧米のものから、日本のものまで
幅広く品ぞろえされて、非常に楽しい売り場となっています。
日本のショッピングセンターよりも品揃えが豊富。

車が高いのに車社会。ここがなんとも不思議な感じがしますが、
電車があまり普及していないことと、暑いため、外を歩いてとか
自転車でという光景がない社会。

またまた、タイ訪問記続きます・・・
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」