FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
世界観を持つ!
少子高齢化社会が進む昨今、人口も減少に転じ、
当然ながら、国内のマーケットは縮小していく。
このような、環境にありながら、周囲だけを見ていると

ただ、その中でもがき競争を繰り返す。
ところが、外の世界を見てみると、
また、違うものが見えてくる。

地方と都会の違いや、日本市場と海外市場の違い
都心部一極集中が進む中、地方だけを見ていますと
マーケットの縮小が顕著。

同じように、日本国内だけを考えていますと
間違いなくマーケットは縮小していく。
そんな中で今、新陳代謝を繰り返しながら、

市場の活性化を図り、生き残るところと
廃れるところに分かれていく。
今回、外国の経営者に出会い、彼らの教育感の違い

小さな市場からの脱却を図るために世界観を持つ。
そんな、子供たちへの教育に対する考えを伺いました。
アジアの経営者の多くは、日本や、アメリカ、英国などへの

留学を経験し、世界観をもって事業を行っている。
日本の経営者や、成功している企業も同様。
ホンダ、トヨタ、ソニーなどやはり、

世界観をもった企業が生き残る。
ソフトバンクの孫社長もしかり、高校を卒業してアメリカへ渡り
世界観を持ち事業展開を行っている。

国内でも同じことが言える。
私自身も、地方から東京へ出てきて仕事をしているから、
まだ、少し広い視野を持つことができるが、

これが、地方にいるままであったら、また違っているように思う。
世界観を持つ!子供へはその環境を作ることも大切ですが、
自身でもこの意識を持って仕事をすることが

これからのマーケットにとって益々大切なことになると感じております。
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」