FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
かぶら屋の黒おでん
黒おでん。

最近よく目につくようになりました。
池袋のかぶら屋の近くのお店でも、黒おでんを販売しているお店が数軒あります。
この、黒おでんの発祥(命名者)は自分なのです。

かぶら屋が黒おでんを始めて丸4年になりますが、もともと普通の関東風おでんを販売しておりました。
かぶら屋はもともと立ち飲みのモツ焼屋さんでしたが、静岡のおでん屋横丁をモデルにスタイルを変え、そんな中で、おでんも静岡おでんに変えました。

静岡おでんという名前での販売ではマーケットは拡がらない。
そう思い、真っ黒な黒おでん。かぶら屋の黒おでんという商品化を行いました。
静岡のおでんは黒おでんとは言いません。

静岡おでんです。

しかし、昨今、黒おでんの名前だけが、広がり始め、「黒おでん=静岡おでん」元からあった言葉のように拡がっています。
今の内に元祖を語っておかないと・・・

既にかぶら屋のスタッフも、へ~そうなんですか?

てな具合となっています。
黒おでんはかぶら屋が作ったかぶら屋オリジナルの商品なのです。
商標登録なども当時議論しました。

しかし、マーケットを作るということは名前も自由に使ってもらったほうが間違いなく認知されて、マーケットが拡大すると考え、今、その通りになってきています。

かぶら屋の黒おでん。 静岡おでんとは違います。

これは、フーデックスグループは本体がラーメン事業が主で、そのラーメンのスープ作りからヒントに、このおでんは生まれています。
ラーメンのノウハウが活きた汁作りとなっています。

だから誰にも真似のできない黒おでんとなるのです。

by tsukumo

スポンサーサイト
かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」