株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
独立した店長の声・・・十条店その②
かぶら屋では社員もバディも楽しみながら仕事をしています。
お客様を楽しませるには先ず自分たちが楽しむのが大切だという文化がかぶら屋全体にあるのだと感じました。

十条店の常連のお客様の多くはお店に来店される以外の時でも、
お店の前の道路を通る機会が非常に多いです。
ですから仕込みをしている姿や、オープン準備をしている姿を

常連のお客様に見られている事がよくあります。
そんな日々の様子をみて、
「頑張ってるね」とお褒めの言葉をいただくことがあります。

営業時以外の立ち振る舞いに気をつけなければいけないと身の引き締まる想いではありますが、誰かが見ていてくださると感じることがやりがいになっています。

十条店に来て約半年ですが、社内外の人から「十条で商売をやるのは大変だよ」と、さんざん言われました。
今ではその意味が少しずつ分かってきたように思います。

ならばまず十条エリアの繁盛店となって自信をつけ、
そして2店舗目3店舗目と店舗展開をしていきたいと思います。

飲食未経験であることを心配されている方もいらっしゃるかもしれませんが、
私を含めかぶら屋で独立している先輩方は飲食未経験者がほとんどです。
かぶら屋を運営して行く上でのスキルやノウハウは入社してから全て学ぶことができます。

「何よりも絶対に独立したいという強い想いが大切だと思います。」

『かぶら屋』が経営者としての一歩をスタートさせてくれました。
by Tsutsumi
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
独立した店長の声・・・十条店
堤店長
とにかく独立をしたいという事で仕事を探していたところ、
とある求人サイトで見つけました。
独立前提での募集、少ない自己資金での開業が可能という点が魅力でした。

新卒で地元企業に就職したものの、長くは続かず、
その後も様々な職種を転々としていました。
大学を卒業してからの約10年間は正直ダメ人間でした。

もともとの理想としていつかは独立したいという想いは漠然とありましたが、結婚して、子どもも出来て、「このままじゃいけない」と感じ、32歳の時にかぶら屋で働こうと決めました。

かぶら屋には調理試験というものがありまして、
店長になるには必ず合格しなければなりません。
私は調理試験に3度落ちています。

3度目を落ちた時点で、社内では私が調理試験に受かるのは無理なのでは?という声もあったようです。
しかしこの壁を越えないとまた元のダメな自分に戻ってしまうなと思い、

絶対に諦めないでやり遂げようとしました。
結果4度目の試験で合格。
苦労はしましたが、試験を通じて学んだことは、

かぶら屋の商品に対する想いは、
「お客様に対する想いなんだと気付きました。」
by Tsutsumi

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
かぶら屋 駒込店店長の場合
komagome_top_270x180-thumb-autoxauto_270x180.jpg

かぶら屋を知ったのは、サラリーマン時代のこと。
お店の外にある『80』という看板を見て、「安かろう、悪かろう」という思いがあり最初は敬遠していました。

ところがある日、たまたま先輩に「良いお店があるから」ということで連れてこられたのが、かぶら屋でした。

なんだかホッとする。
また寄りたくなる。
元気になる(笑顔が生まれる)場所。・・・そう感じました。

すっかりかぶら屋が好きになってしまいその後、数多く通うようになりました。
しだいに、「私もこんなお店をつくってみたい。
厨房側に立ってみたい。もっと多くの笑顔を、最高の笑顔を作りたい。」

・・・との思いが強まり、かぶら屋の説明会を受けました。
そこで、衝撃を受けました。
紹介された「かぶら屋の事業理念、想い」は、初めて立ち寄った時から店に感じていること、そのものだったからです。

会社の考え、想いが、店舗まで行き届いていて、
その先の客としての自分まで伝わっている、
そのことに本当に驚きました。

飲食未経験であり、サラリーマン生活をやめることにも不安がありましたが、
ここなら間違いない、と迷いがキレイに一掃されました。

未経験でこの世界に飛び込んできたため、
やはり、技術(スピード、精度、知識等)の習得には苦労しました。

開業後も、大変なこと、苦しいこと、つらいこと、厳しいこと、
思い通りにならないこと、そういった状況が数多くあります。
しかしその分、多くのことを得ることができます。

自分一人ではおそらく得ることができないであろうことを得ることができます。
また、お客様からの「ありがとう、美味しかったよ、
また来るよ」などの一声で、苦労もふきとびます。

これからも、たくさんのお客様に「かぶら屋」を好きになっていただけるよう、
良い店づくりに励んでいこうと思います。
by moritsugu

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
かぶら屋独立店長の声・・・ 大山店 店長の場合
かぶら屋へは大学時代のアルバイトとしてかぶら屋に入りました。

かぶら屋を選んだ理由としては、自由な社風と友達も働いていて
楽しいと聞いていたので応募を決めました。
しばらくの間アルバイトとしてやっておりましたが

マネージャーが店舗責任者として自分を推薦してくれたことで、
社員として責任を感じ始め、
何かがそれまでよりも大きく変わり店長を目指しました。

地元の大山で、かぶら屋が出店しそうだと話があった瞬間、
何も迷わずに自分がオーナーをやろうと思い、独立を決意しました。

一つ一つ立場が変わることで、
今まで知らなかったことを知れることが多く、
店長になってからは小さな問題で悩みながらも楽しい毎日です。

また、今日の売り上げが明日も約束されるものではなく、
日々反省と改善を続けることに苦労しています。

何事も視野を広く持つことが、
人と関わっていく中で大切なことだと先輩方から教わった気がします。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
かぶら屋通信 No.006 - part.01
■□■□
■ かぶら屋通信 No.006 - part.01
■ 板橋店 村瀬店長
■□■□
板橋 村瀬店長
▼▼▼
かぶら屋を愛するパートナーの声をお届けするかぶら屋通信。
お店の魅力や楽しみ方、独立店の開業秘話まで話題は様々。
本日は【かぶら屋 板橋店】からのリポートです!
▲▲▲

新撰組局長近藤勇の墓所があることでも知られるJR板橋駅と都営三田線新板橋駅。
徒歩で乗り換え可能なこの2つの駅のちょうど間。
いつもの赤ちょうちんをぶら下げたお店が目に留まります。

本日は村瀬店長にかぶら屋との出会い、
そして板橋店での独立についてお話しを伺ってみましょう。

〜〜〜〜〜

もともとは外資系のアパレルで働いてたんですけどね。
自分のお店が持てればいいな程度には思ってました。
飲食店を経営するっていうのがどういうことなのか、

それを勉強して、それからやりたいことやったらって。
だから、かぶら屋で独立しよう、みないなことは最初は思ってなくて、実は。
ノウハウを学べればーって。

ここで店長やると色々勉強させてもらえるって聞いたからですね。
で、内山さんと面接して、これからどうしていきたいのって話をして。
じゃぁ、いついつからって。そういう感じで働かせてもらって。

5月に入って次の年の2月ぐらいに4号店で丸1年くらい店長をしましたね。
それから、3号店で店長やってる時には、次を考えてた時期があったんですね。
約3年くらいいるしってことで、次の会社に行くか、その頃独立が云々ってのもあって。

どうなんだろうなって不安あるじゃないですか。

そんなこんなしてたときに「5号店を委託でオープンしないか」って言われて。
でも、結局はお店の設備とか諸々ありまして、
専務とお話しをしまして話はなくなったんですけど、

池袋のあんなに駅に近いところで自分の店が持てるならって、
それが独立を意識した時ですね。

で、その頃、板橋にかぶら屋をという話がきまして。
でも、さっき話した5号店もオープンしたばっかりだったんで、
この店で働こうという気持ちとか、

今後を考えてもう少しして落ち着いたら辞めようかなぁなんて考えたりもしてたんですけどね。
で、仲間に相談たら「一緒に見に行こう」って。
で、板橋を見に来て、なんだかんだ話しながら、やってみようかなぁっていう。

タイミングですね、完璧にね。
おかげでいろんな人に会えて、別に間違ってないなって、
よかったなって思いながらやってます。

〜〜〜〜〜
___________
>>> part.02へ続く
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
===【お知らせ】===

▼小さな居酒屋かぶら屋ぞくそく現在34店舗!
「大衆酒場 かぶら屋」
 http://www.kaburaya.bz/

▼今回ご紹介の店舗はこちら!
「かぶら屋 板橋店」
 http://www.kaburaya.bz/shop/post-19/

=============

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」