株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
ブランド戦略
秋になかなかなりませんね~
いつまで経っても暑い日が続きます・・・
先日、マツダ車のブランド戦略がインタビューされていました

日本車はどの車がどこのメーカーのものかわかりにくい
ヨーロッパ車はベンツにしてもBMWにしても
アウディにしても、顔を見ると車種が違っても

どこのメーカーの車かわかる
マツダもそうした、一目でマツダとわかる顔を創る
そうしたメーカーとしての顔を作り

顔を見れば、マツダの車とわかる車づくりを図る
そんなインタビューがありました。
まさしく、日本の車って流行りブランドイメージを変えてしまう

せっかく、好きになった車種でもそのコンセプトそのものが変わって
まったく違う車種になってしまうなんてことがありました
ブランド戦略において、パッと見てわかる!

これ、大事です。
ユニクロのコマーシャルもすぐわかりますよね!
アップルのコマーシャルもすぐにわかります。

ここが大事。広告チラシにしても、店の顔にしても
色使いにしても、見れば、わかる。
セブンイレブンの建物もすぐにわかります。

こうした、意匠、ブランド創りには欠かせません。
こだわり続けなければいけない部分なのです。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
空中階のビジネス
かぶら屋は路面店です。
2階のお店も地下のお店も中にはありますが
基本的に路面店。

路面の家賃は空中階よりもかなり高い相場となっております。
2階に比べて一般的に2倍です。
地下も同様に1階に比べては半分の家賃となります。

同じような売上であれば、いわゆる家賃比率が下がります。
300万の月商で1階が30万の家賃ならば、空中階は15万くらい
家賃比率は5%も違います。

空中階のビジネスの仕方はそれなりにあります。
目立ちませんから、販促を使います。
販促比を3%使ったとしても家賃比率が5%違うのであれば

空中階で販促比を使うようなビジネスのほうが収益性が高まります。
空中階のビジネスは割り切って考えることが必要かもしれません。
逆に路面のお店は目に付くことが必要です。

目に付くことそれ自体が販促なのです。
販促費を使わない変わりに家賃に販促費が載っているようなものです。
離客の法則がありますから、新規のお客様をどうやって入っていただくのか?

空中階のビジネスは積極的な販促(何もディスカウント)をすることではありません。告知です。ぐるナビもその一つですし、チラシを配ったり、外での呼び込みであったり・・・

路面のお店は入りたくなる空気を創らなければ
同じように販促費が必要となってしまいます。
これでは、路面で出店する意味がなくなってしまうのです。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
販促は撒き餌さ
研修の中で、こんな話をします。
いつもの釣りの話です。
釣りをしますと巻き餌をします。

撒餌=販促
そもそも棚が違うのです。
棚が違っているところに釣り糸をたれているのですから

ここに餌がありますよってわかってもらうために撒餌をします。
要はお店ができましたよ!
こんなお店ですよ!そうした販促はOKです。

しかしながら、サービス券やディスカウントなどによる販促は違います。
魚のことを考えてみたらわかります。
魚には棚があります。

要は水温、環境が違うのです。
住み易い環境のところにいるのであって、そこに餌が落ちてくれば
当然ながら、食べるわけですが撒餌を撒かれて

水温が高い場所、日の当たる場所、色々な危険がある場所
そこにはずっといれません。
ですから、撒餌がなくなるとまた釣れなくなってしまいます。

飲食店の販促も同じことなのです。
そもそもの棚(マーケット)がずれていたら、販促をしても
その時には来ていただけますが、販促がなければ行きません。

価格がずれているのか?
立地が合っていないのか?
スタイルが合っていないのか?

何かが、マーケットからずれているってことなんです。
販促を続けていると、そのマーケットのずれに気がつかなくなっていまいます。
新しいメニューの喚起によるプロモーションは有りです!

告知する上でのプロモーションです。
魚がたくさん集まっている棚に釣り糸をたらすこと!
何もしなくとも食いついてきます!
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」