FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
良いお店とそうでないお店との違い
かぶら屋ではQSCAリーグとして、
年3回の店舗チェックにより良いお店の表彰を行っています
今回も各店、チェックで回らせて頂きました
良いお店とそうでないお店との違いは何か?

Q:クオリティ・・・商品レベルの評価です
S:サービスです
C:クリーンリネス・・・店舗の衛生状態です
A:お店の雰囲気や店舗設備等の状況
そして、総合的な評価をします

Q:商品がそもそもダメなレベルでは話になりません
S:過剰なレベルは求めていません
C:きれいが当たり前・・・お客様をお迎えする場所ですので
A:お店の雰囲気はお客様と一緒になって創られます

こうした中で、何が違いか?と言えば
良いお店には良い人がいます。
輝く人がいます。
もちろん、一人だけではお店はできません。
一人が一生懸命にやっていても、周りのスタッフがよそ向いていたらがっかりです

スタッフ皆でお店を創っている姿がお客様に届き
良いお店の雰囲気が創られていくのです
良いお店=良いチーム

一人一人がお客様に喜んで頂ける喜び、楽しさを感じた時
お店が更に良くなっていくのだと思います
それが、飲食の楽しさではないでしょうか(*^_^*)
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
北千住店へ立ち寄ってきました
IMG_2920_convert_20181129141318.jpeg

早い時間からたくさんのお客様で賑わっていました(*^_^*)
帰る頃には外でお待ちのお客様がいて外のカウンターで良い感じです
店内には若い人からお年寄りまで幅広いお客様で賑わっていました

今週はあちこちお店をまわっておりますが
外に歩いている人が「ここ美味しいよぉ」「行ったことある~」
そんな会話をしながら通り過ぎる女性の方もいて嬉しくなりましたぁ

バディの笑顔がまたうれしく、通いたくなるお店です
ご馳走様でした(^^)
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
ハイよ!
居酒屋さんでよく聞かれる受け応えに「ハイよ!」って聞きます
店主が店のスタッフからの声掛けに応える返事ならばわかりますが
お客様からの注文に対して「ハイよ!」や「あいよ!」は無いでしょう?

そんなことを社員には注意するのですが、お店をまわりますと
アルバイトの子がお客様から注文を受け
「はいよ!」って受け応えをする声を聞いて驚きます

どこから、そんな受け応えを覚えてくるのか?
周りがみな、そういう受け応えをしているのか?
驚いてしまいます
ハイよっていうのが居酒屋らしいとでも思っているのか?

お客様からご注文を頂いたら、「ハイ!ありがとうございます」でしょ?
カッコつけて威勢の良さ演出しているのか?
わけわかりませんが、「あいよ!」や「ハイよ!」は無いと思うのです

普通に返事をしてもらいたいな~
普通が良いのに・・・
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
店舗を回っていて感じること
新年の挨拶で各店を回っておりますが
お店に行って感じること
何度も何度も言っても改善されないことが多々あります

そして、直営店から育った店長が人を採用し人材育成を行っていますが
そこが伝言ゲームのようになっておりますと
お店が崩れて参ります

想いが伝わらなく、まったく違うものに変わってしまうのです
なぜ?正しく伝わらないのか?
やってはいけない事を繰り返してしまうのか?

そんな話を本日、店長会でお話をしましたが
教えているのですが?
言ってはいるのですが?

ましてや、何も言わないお店
人がいないから?人を採用できないので・・・
様々な理由によって、約束事が崩れて参ります

一人、一人が何故を理解する。
どうして、ルールが存在するのか?
どうして、髪の毛を前に垂らしてはいけないのか?

髪の毛を触ってはいけない理由は?
この理由をよく理解させられないと、同じことを繰り返します
かぶら屋では、男だけでの営業を禁止しています

なのに、人が集まらないから?
そんな理由で、男だけのお店になっているお店があります
かぶら屋とは?

それぞれが、かぶら屋というスタイルを追求し続けること
そこが無くなってしまった時に、崩れ始めます
一人一人がかぶら屋をよく知り、徹底し続けることです。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
いつも気になること・・・
お客様からもご指摘を頂くことの中で金銭のトラブルがあります
自分もいつも気になり、お店をまわりますとあえてすることがあります
お会計の時に、1万円札をあえて使います

正しいお会計ができているかのチェックをさせて頂いています
正しいお会計とは?
金銭のトラブルは本部へ苦情になる以外にも必ずあるはずです

年に何件かは本部にも連絡が入ります。
お釣りをもらっていない。
釣銭の間違いによるレジ金の誤差など・・・

5,000円預かったのに、1万円を預かったと思ってお釣りを渡した・・・
逆に1万円預かったのに、5,000円でしたと口論になるなど・・・
飲食店ではこうしたトラブルが発生します

これは、お酒が入るお店ですと大きなトラブルにもなります
なぜこうした問題がおきるのでしょうか?
単純に預かったお金を先に閉まってしまうからです。

お金を仕舞うという行為はお店側の仕事です
全てはお客様第一
お客様のお金、つまりは、お釣り銭を渡すことの方が先なのです

その後にお金を仕舞うというこの順序を間違えるから
こうしたトラブル、間違いが起こるのです。
どうして、お金を先にしまうのかな?

店まわりをしていつでも注意することなのですが・・・
なかなか、改善されず、また、お客様から注意を頂くことになります
お客様が先!店の都合、自分の都合はその次なのです!
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」