株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
ポテチショック
2016年の北海道を襲った台風の影響で
北海道産ジャガイモの不作によりポテトチップスが品薄となる
ポテチショックが広がっているそうです

大手の菓子メーカーさんが販売を休止してオークションサイトに出品されるほど
このジャガイモの不作による影響は広がっています
量販店には各地のジャガイモが並んでいますが

ポテチに適するジャガイモの種類が限られており
原料の奪い合い状態となり、販売中止にまで追い込まれているとのことです
かぶら屋で使用していますポテトサラダやいもフライの原料も

全て北海道産のものを使用しており
一部、ポテチの原料と品種が被っています
そのために、弊社でもこの原料確保の先行きが危ぶまれている状況

韓国産や中国産のサンプルを取り寄せたりとしましたが
国産の管理体制との違いや品種の問題ですぐには同等の商品の確保が難しい
そんな状況にあります

今期、新ものが出るまではポテチ業界と同様・・・
厳しい状況が続きそうです
ポテトサラダショック・・・消えてしまう期間が出るかもしれません(vv)
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
商材の値上がり
野菜の高騰などが騒がれておりますが
夏の北海道での農作被害による玉ねぎやジャガイモ
世界的なイカの不漁等かなり、かぶら屋にとっても大きな問題になってきております

特にジャガイモについては、ポテトサラダ、ジャガバタ、いもフライ
おでんにも使用しており、年明けの供給が難しいという状況にまで来ております
ジャガイモはポテトチップに国産のジャガイモが使われておりますので

菓子メーカーが原料の買い集めを行っており
その煽りで、我々が使用する種類のジャガイモが枯渇の危機を迎え
色々な種類や産地のものを現在あたっておりますが

かなり、厳しい状況にあり、来期、メニューからポテサラが外れる可能性も出てきました

次にイカですが、これも、他の種類のイカを色々と試しておりますが
安定供給されて、かぶら屋の値段100円の串で提供できる商品が厳しく
これは、年内の供給危機に陥っている状況

イカのメニューが消える危機が迫っています(vv)
異常気象や乱獲、円安、様々な要因で不安定な状況が起こります
いつでも、安く、美味しくご提供できるように柔軟に対応して参りたいと思います。

by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
抹茶のシーズン
かぶら屋の看板商品であります
抹茶ハイの抹茶の製造工場を見学して参りました。
煎茶とは違い覆いをかぶせて時間をかけて茶葉を育てます
抹茶の茶畑
太陽が当たりますと光合成を起こしカテキンが生成されてこれが
お茶の苦みとなり、煎茶は緑ではなく黄色になります。
覆いをかぶせることでこの光合成を抑え茶葉を大きくすることで

旨味と濃い緑色になるのです。
摘まれた茶葉は24時間以内に蒸して乾燥させ
葉柄、葉脈などを取り除いて真の葉の部分だけにし

柔らかい葉の部分のみで原料となる碾茶(てんちゃ)にします。
粗茶
この碾茶をこの時期に24時間体制で生産しています。
かぶら屋で使用する抹茶はこの時期の一番摘みのみを使用しています。
また、弊社からオーダーをして翌日にこの碾茶を石臼で挽きます

500gづつが一つの石臼に投入されてなんと6時間もかけて
抹茶にとなるのです。
その場でパッキングされて送られ鮮度管理されております。

煎茶と抹茶とはこのように茶葉の生産工程から違います。
玉露は抹茶と同様に作られております。
また、煎茶は蒸してから揉み1枚の葉をそのまま使用しますが

抹茶は真の葉の部分のみを使用しますので
時間をかけて葉を大きく薄く柔らかく育てます。
本当に手間暇かけてこだわって作られております。

こうした抹茶を店舗では茶筅を使用して
丁寧にお茶をたてておりますので香とあの濃厚な緑色が出て
さっぱりとした甘味が生まれるのです。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
需給バランス
豚肉の流行性下痢(PED)によって国産豚が減少する
こうしたことが春先に問題となり、半年後の今
いよいよ、国産の豚肉が減少し始める時期に入りました

ところが、量販店の肉の売り場を見ますと
春先は高騰していた豚肉がいつの間にか特売商品となっています
一時期、100円/100g以下で販売される商品は消えていましたが

また、100円/100gから更にはもっと安いものまで販売されている状況
その理由は、海外からの輸入の増加です
今や、色々な国の豚肉が並んでいます

色々な国から入荷することになり、従来から入荷していた
カナダやアメリカなどの肉がダブつき気味になり
結果として、全てのお肉が以前の安値に戻ってきているようです

国産の豚肉はもちろん、未だ高値で張り付いておりますが
量販店での豚肉相場は暴落と言っていいほどの値下がりを見せています
お肉も魚もそうですが、代替のものがあります

豚肉が高くなれば、豚肉を食べずに鶏肉に変わるだけですし
魚も同様。秋刀魚が安ければ秋刀魚が売れて、他の魚が売れなくなります
肉という範疇に代替がありますし、肉が高ければ魚という代替もあります

米も同様。米が高くなれば、パンに移行しますし
高くなりすぎれば、物が売れなくなり、結果としてダブつき
相場が下がってきます。

需要と供給のバランス
市場原理が働きます。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
お取引先との関係
かまぼこメーカーさんにお手伝いいただいているおかげで
かぶら屋の黒はんぺんが名物商品となっております。
実はここ、自分が高校生の時に初めてバイトした工場なのです。

年末の1週間だけ、かまぼこ屋さんはものすごく忙しくなります
その1週間だけ、高校時代2年続けてアルバイトをしまして
朝5時から夜11時~12時まで、1日18時間くらいです。

当時、マックの時給が350円でしたが、なんと1週間で10万ももらいました。
本当に大変なバイトでしたが、短期で高収入が取れるバイトで
1年と2年の時にやらせてもらい、その時の工場長が現在社長さんになられ、

当時自分に仕事を教えてくれた方が今では工場長となり
営業部長さんも皆、当時の方がいらっしゃる
そんな関係から、無理をお願いして実現しております。

かぶら屋で黒はんぺんを始めるにあたり、そのかまぼこ屋さんの
手造りの黒はんぺんが一番美味しく、どうしても使いたかったために
お願いに伺い、今のお付き合いに至っております。

安いはんぺんは色々とあるのですが
手造りの黒はんぺんは機械で作ったものとまるで味が違い
ふわっとした食感で、静岡の方に食べて頂いても

かぶら屋の黒はんぺんフライは美味しい!
そんな風に言って頂きます。
本当に感謝です。

人のつながりって本当に大切です。
今に至るは全ては人と人の繋がりからです。
人と人のご縁、多くの人に支えられて自分達があるのです。

感謝です。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」