株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
黒おでんに新たな商品が仲間入り
かぶら屋の黒おでん
メニューは何年も変わっていませんが
だいぶ、定着が図られ、かぶら屋の看板メニューの一つになりました

黒おでんの中の食材でちょっと珍しいものが
手羽先・・・これは、一般にあまりおでんには入っておりません
かぶら屋ではこれが、おでんの一つの出汁の役割にもなっています

この手羽先から鳥の旨味が出て、魚介系の練り製品と混ざり
旨さが増すのです。
次に、黒はんぺん。

これは、かぶら屋の名物商品の一つですが
これも、重要な出汁の役割も果たしています
売れ筋商品の牛筋も大事な出汁の一つ

様々な具材から出汁が出て、それが混ざり合い
ミックスした出汁の旨味を吸収することで
それぞれのおでん種の旨味が増すのです

今回、新たな練り物が登場します
まずは、池袋のお店からスタートしますが
すじ鉾(ぼこ)・・・魚スジと言われる練り製品です

これがまた、自分がガキの頃、駄菓子屋さんのおでん屋さんで
いつも食べていた好きなおでん種の一つです
お楽しみに~!
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
商品の薀蓄
チェーンのお店ではメニューに一つ一つの商品についての薀蓄を書いてお奨めをしているお店もありますが、小売(物販)商品と違い、一つ一つの商品にラベルがなく、その商品の説明を書けないのが飲食店のメニューです。

特別な大豆で作って、製法にもこだわり~
こうして作ったお豆腐を使用しています・・・
そんな説明を聞きながら食べるお豆腐は美味しく感じます

こうしたお店ももちろんありますが
一般大衆のお店ではメニューに一つ一つ書かれていても
それをいちいち読みながら注文する・・・

どちらかと言いますと、めんどくさくなってしまいます。
薀蓄を聞きながら、それを楽しむお店ではそれもありですが
それが、面倒に感じるお店ではどうそれを謳うか?

単に、これ旨いね~!
まずは、そう感じてもらうことが一番です。
これ旨いね~!

から、会話が始まります。
どういう豆腐を使っているの?
こう言われたら、よし来た!

そこで、ウンチクです!
こうで、こうなんです!
旨いでしょう~!

薀蓄を先に語られると、へ~って思いながら食べるから
また、美味しさを知ることができますが
それが面倒に感じられてしまうお店では、まずは、うまい!

そこを先に感じさせることです!
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
大根のお話
コンビニ各社さんのおでんの大根を見て思いませんか?
各社さんの直径はほぼ同じ
厚さが違うところがある可能性はありますが

直径はほぼ同じだそうです。
大根の太さが安定する一番、良い大きさがあの直径だそうで・・・
歩留まりが一番いいようです。

コンビニさんの大根ですから、各社のこの量を供給するとなったら
これは、恐ろしい数が生産されているわけです
もちろん、手で切ってというわけにはいきませんから

皮をむくのも機械です。
カットするのも機械です。
この皮をむくのに丸い筒でくり抜いてしまいます。

重量で調節するのでないために、この丸いサイズでくり抜いた時に
一番、歩留まりが良いのがこの太さだそうです。
原料を安定的に調達を行い、品質の安定化を図るために

この直径になっているそうです。
常に同じ太さの大根を育てることはできません。
皮を大胆にむきますので、おそらくこのロスたるや・・・・

すごいことになっているでしょうね~
ロスの部分を頂けないか相談しましたが(^^)
ロスの部分は豚の飼料になるようで問題はないそうです
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
抹茶のお話その2
抹茶と煎茶の違いは育て方から違います
覆いをかぶせて育てますが、
抹茶は茶葉をそのまま粉にして飲みますので

茶葉を育てる時に使う農薬も厳しく管理されて
もちろん、農薬が残ってしまわないように管理されております
煎茶は一時期残留農薬の問題が騒がれておりましたが

抹茶は茶葉を頂くものですから、その点は元々厳しく管理され
残留農薬が無いように徹底した管理が施されております。
抹茶は元々、寺で栽培され元々は身体を壮健にする良薬として飲まれ

その後、茶道として広まり、現在の煎茶は江戸時代入ってから
生まれたもののようです。
そうした意味では抹茶は鎌倉時代に伝わり

長い歴史の中で日本の独自文化として確立されたもののようです
先日、日曜日の朝のテレビ番組で
かぶら屋の抹茶が放映されましたがこれだけの色が出るのには

良い原料を使用して鮮度管理を行い、
店舗で茶筅で点てることで
この香と甘さと色が実現できているのです。

取りあえず、「生」の後には
是非、さっぱりとした抹茶ハイをお楽しみください。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
バターが品不足が続いています・・・
ここ何年かバターが品不足で安定しておりません。
加工用のバターやマーガリンのような加工品は手当できますが
純粋なバターはかなり逼迫して割り当て制となっております。

生産者が年々、減少しているということも原因の一つと伺います
だからと言って、輸入をフリーとしますと
更なる国内の生産者を苦しめることになります。

ですが、実際にスーパーの売り場にもほとんどバターが並ぶことはありません
我々が使用したくとも、安定して仕入れることもできません。
おそらく、ケーキ屋さんは大変なことになっているのだと思います。

以前は知り合いの酪農家の方から、バターを買ってもらいたいと言われ
実家では毎年、バターを買っていたことがありました。
酪農家がメーカーから販売を割り当てられていたのです。

今は酪農家さえ、自身の生乳で作ってもらったバターを購入することができません。
こんな状況が数年続いているのですが・・・

一向に改善されていきません。
牛乳やヨーグルトはいまだ特売商品の対象になっているというのに・・・
そういう問題ではないのだとは思いますが

海外製品を高関税ででも構いませんから、
品物を安定させる努力をお願いしたい
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」