株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
新店長3名誕生!
本日、3名の店長資格試験があり、史上初3名が同時合格です(^^)
直営から2名とPC店舗から1名
それぞれ、プレゼンテーションを受けました

それぞれ、趣向が違います
一人は数字で入ってきました
自身の計画を基に、それをどう引き継いでいくのか?

店舗計画が長期にわたり考えられていました
もう一人は2回目の挑戦
一度目は3分スピーチで簡単な内容で不合格

今回はよく考えが整理されて、想いをしっかりと伝えられ
1か月ですごく変わった表情、そして内容を話してもらえました
もう一人は、実績です

安心して任せられる実績があります
想いを伝えるということについては、まだまだですが
この実績を基に、人材育成を行う中で想いを伝えるということを学び

人を教え育てていってもらいたい

人の成長はすごくうれしく楽しみでもあります
店長になり、苦労することが数多くあると思います
その苦労、壁がまた自身を成長させることとなります

まずは、お店の責任者として一つのお店の経営を行ってみてください
良いお店を一緒に創っていきましょう!
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
新店長2名が誕生!
本日は店長試験が2件ありまして、見事にお二人とも合格でした
二人とも入社して2年ほどかかりましたが、かぶら屋が好きで、
二人ともかぶら屋へお客様としてきて入社のメンバーです

好きが一番です
好きこそものの上手なれと言いますが
やはり、好き!そこからが入口だと思います

先日、面接に見えた方が、お店を見ていないで独立をしたいと言ってきました
独立が目的でかぶら屋でなくともいいわけです
それでは、難しいでしょう

やはり、かぶら屋が大好き!
かぶら屋をもっと多くの方に知ってもらいたい
かぶら屋で働く仲間にもその楽しさを教えたい

そんな想いがお店を創っていくのだと思います
楽しみな二人です
良いお店を創っていってほしいと思います。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
良いお店には理由がある
新年早々、店長の資格試験の申請が上がってきました
これもうれしい瞬間です
どちらも、良い結果を残せている店舗からです

やはり、店舗は人なのです
チェーンであれば人であっては、いけないというご意見もあると思いますが
同じくチェーンでも結果として人によって左右されているようです

どんなにマニュアルがあろうとも、ブランド力があろうとも
お客様からは同じように見えても
そこを管理するのは人です

その人が定着しないお店、人が育たないお店には
結果が生まれてきません
一人でやれることは限られています

結果として自分以外の人をどれだけ育成できているか?
そこに、昨年に対しての結果が積み重なるのだと思います
人が育つお店、人が定着するお店

結果として良いお店とお客様に感じて頂けるお店となるのです
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
人が集まるお店と集まらないお店との違い?
人が集まり、定着するお店と、人が集まらず、定着しないお店の違いは何でしょう?

楽しいお店や、働く人が集まり定着するお店には、お客様も定着します。
カフェの業界を見ても、業界的には集まりやすい業界のようですが、
同じようにやっているカフェでも集まるお店と集まらないお店があるのです

ここで働きたい!そう思えるお店。
かぶら屋には楽しそう!そう言って入ってくるバディがいます。
そういうお店になっていますか?

こういうお店を持ちたい!こういうお店をやってみたかった!
そう言って、入って来た仲間がたくさんいます。
このお店で働きたい!

そう思われるお店を創りましょう!
どういうお店でならば、働きたいと思いますか?
自分達を振り返り、単に作業を繰り返すことなく、ここで働きたい!

そう思われるお店を自ら創っていきましょう!
一緒に働きたい!そう思われる人に自らを成長させましょう!
人材不足が加速する今だからこそ、

人材が集まることが競争力となり
そこにこそ大きなチャンスが生まれるのです。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
調理試験が続いています(^^)
明日も調理試験
調理試験はおそらく、相当、緊張することと思います
試験官は3名

普段、顔を合わすことのない、グループの専務と自分を前にして
プレゼンから始まり、全ての調理を行うわけですから
声が震え、手が震え、普段と違ってしまって大変な環境

その中でも、完璧な商品を求められるのですから
完璧でなくとも、どこが悪いのか?
お客様に出せる商品なのか?

そこのところを理解しているか?
特におでんなどは、その日でどうにかなるものではありません
普段の管理が大事なので、当日、おかしくなってしまった時には

もう、パニック
それでも、お客様に提供できる状態まで持った行く
知識を持っていないといけません

次に、調理は味だけでなく、マニュアルの理解がなされているのか?
結果が良くても、理解ができていませんと
教える際に、その人なりの教え方となり

伝言ゲームのように最終的に全く違うことになりかねません
故に厳しくとも緊張している中で、
細かなところまでの注意をさせて頂いています

調理試験を受けることで、そのお店のチェックにもなります
お店、全体がずれている場合もありますので
その点の確認にもなりますので

調理試験が続くということは、各店の標準化にもつながるわけです
もっと、もっと、各店から受験者が出てくると
より一層、店のレベルが上がってまいります
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」