株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
サウスウェスト航空から学ぶ
アメリカの航空会社、サウスウェスト航空から学ぶこと
この、航空会社は荷物を運ぶサービスがありません
全ての人の満足をかなえることはできない

全ての人の満足をかなえようとしたら
それなりに、コストがかかります
確かに、そういうお店も、そういうホテルも

そうしたサービスもあるかもしれません
三ツ星がそれです
しかし、日常使いにそれが必要でしょうか?

コストをかけないで、そのサービスが実現できますか?
膝まづいてまで、サービスを受けたいでしょうか?
お店によって、金額によって、サービスの違いがあって良いと思うのです

他のお店のサービスを真似ることもありません
うちのお店は、テーブル会計を行いません
レジでのお会計をお願いしております

ですが、レジまで、来てもらうのが大変だからと
テーブル会計が始まります
テーブル会計をするのには、お会計はこちらになります

そして、お会計を待ち、お金を頂きに戻り
さらには、釣銭を用意して、また、テーブルに行くことになります
その間に帰りたいお客様もいます

その間に、ご注文をしたいお客様もいます
その間に商品ができています。
出来立ての商品を食べていただくことの方が

自分はうれしく思います
全てのお客様に満足頂くことはできません
自分も同じように思います。

もし、お会計、ここでしてよ!
そう言われても、ごめんなさい。
そう、自分は謝ります。

もっと、多くのお客様にご満足頂けるために!
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
継続とは細部にこだわり続けていくこと
社員の日報にこんなことが書かれておりました
「継続とは細部にこだわり続けていくこと」

「継続こそ力なり」
「信念と継続こそが全能なり」
など、継続するという事の大事さを常々言われますが

この継続とは?・・・と考えてみた時にまさしく
細部にこだわり続けて行くこと!
わかる気がします。

かぶら屋では、普通ということを言い続け、やり続けています。
普通を継続するということは、
普通であることの細部にまでこだわる

美味しいポテトサラダを作り続けること
かぶら屋では、普通のポテトサラダにこだわります。
普通というポテトサラダだからこそ細部にまでこだわるのです

細部にまでこだわることで継続した美味しさが提供できるようになるのです。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
ジャパネットたかたの高田社長さんの言葉から
先般、ジャパネットたかたさんの高田社長さんのお話が
新聞に掲載されておりました。
「どんなに素晴らしい商品でも顧客に伝えられないと意味がない」

まさしく、その通りです。
自分たちの業界においても全く同じで
どんなに努力していても、どんなに良いものであったとしても

それが伝えられなければ、意味がありません。
お店の場合には利用していただいて
なんとなく理解してもらうことはできますが

来ていただいたお客様だけにしか伝えることができません。
ましてや、来ていただいたお客様にも伝えられないことがあります
自分たちはもっともっと多くのお客様に

商品の価値を伝えて行かなければいけません。
お店のメニューの中身だけでなく
かぶら屋というお店そのものを知っていただく

このお店自体が我々にとっての商品なのですから
自分もこうしたブログがかぶら屋という商品の告知ツールと思って続けております。

お店の中でも同じことが言えて
一番、お店の中で美味しいもの!
これを食べてもらったら、きっとファンになってもらえる!

そんな商品をおすすめして行くことです。
そして、一つ一つの商品を来るたびにお客様に知っていただき
なぜ?この商品がこんなに美味しいのか?

そんな理由まで知ると、余計に美味しく感じてしまうのです。
商品の良さをお客様に如何に伝えられるか?
それが、私たちの接客の一つのポイントです。
by tsukumo
かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
原点に学ぶ!
みますや
みますや
創業明治38年だそうです。

写真はネットから拝借させて頂きました(_ _)
日本最古の居酒屋さんというお店です。
神田小川町・・・地下鉄の駅では淡路町からすぐのところにあります。

席数はどのくらいか・・・?100席弱でしょうか?
ここは大テーブルしかありません。
十条の斉藤酒場さんも同じですが・・・

大きなお店ですが、人と人のふれあいの場。
本来の大衆酒場がここにあります。
これが、居酒屋!

一つ一つがほっとする。
活気はお客様が創るお店です。
お店の人が大声出して、お客様に色々なおもてなしをして・・・

色々なサービスを考えて・・・そんな昨今のお店ではありません。
普通に、普通の接客の中で、メニューを見ていたら声をかけて頂けますし
何気に空いたお皿を下げましょうか?

そんな風に声をかけてくれます。
ホールの女性は全て中国?アジア圏の方です。
皆、忙しそうに働き、誰もぼーっと立っている人はいません。

厨房の中も、本当によく働きますし、頼んだものがすぐに出てきます。
一人でさくっと飲むもよし。
上司に連れられて、飲むもよし。

女子会もよし。
宴会もよし。
食事をするもよし!

ほんと、いいお店です。
長く続くには理由があります。
かぶら屋も100年先に残したいお店!そうなります。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
これわかりますか?
こののぼりを見て、気が付くことはなんでしょう?
P1050658.jpg

のぼりって、風に揺られていますと、のぼりの角がほつれ出します。
四角いのぼりは角がほつれ出すのです。
ところが、角をとってあげますと、のぼりが長持ちするのです。(^^)

そんな馬鹿なことに気が付く人
すごいと思います。
これは、スリーエフさんのこだわり!

わからない人にはいつまでたってもわかりません。
こういうこだわりが大事なんです・・・(^^)
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」