株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
問題意識
問題を問題と捉えられているか?
ここが大きな差になります。
お店で起きている問題を問題として捉えられず

お客様の不満に気が付かない
日々、改善会議を行えるお店
なんとなく、売り上げ目標や今日の意気込みだけを言うだけの朝礼

常にお客様のことを考え、お店のことを考え
効率を考え仕事をしていますと、問題が見えてくるのですが
この問題が見えていないことが問題なのです

お店で問題は起きませんか?
こんな質問に、まったく問題が起きていないというお店はまずありません。
しかし、その問題に気が付かない人がいるのです

問題を問題として捉えられていなければ
それは、いつまで経っても改善はされません
お客様からの苦情となるか、売り上げが下がり続けて初めて気が付くか?

お店の売り上げも良いと、その問題に気が付かないままとなってしまいます
近くに競合店ができて、売上が下がって初めて気が付くことになるのです
1件の苦情やちょっとした問題に対して問題意識を持ち改善すること

この改善の繰り返しなのです。
それでも、改善されず、問題が続くのであればシステムの問題で
大きな改善を行わなければいけないのです

ちょっとした問題に意識が持てていますか?
そして、その問題に向き合い、改善が行えていますか?
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
かぶら屋らしさとは?
本日は朝から店長会が行われましたが
そこで飛び交っていた言葉が、「かぶら屋らしさ」
何か、聞いていてうれしくなりました

それぞれが、「かぶら屋」とは?
そうしたことを理解し、それをどう、新人に教えていくか?
作業を教えるのではなく、かぶら屋をわかってもらうには?

そんな観点からの話が飛び交っておりうれしく話を聞いておりました
しかしながら、そんな中でも作業が中心で物事を考え教えている人
作業が自分たちの効率を上げるための理由によってしか教えられていない

教え方を誤ると、目的が変わってしまいます
自分たちの効率が優先ではなく、あくまでお客様から考えること
バディに自ら考え行動できる人材を育成するのであれば

作業から教えるのではなく、お客様の立場から教えること
その教え方が違いますと、全てが店側の都合になってしまうのです
お客様にとって?

自分がお客様だったら?
こうしてもらった方がうれしくない?
営業中における業務は全てお客様から物事を考えて教えること
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
スピードが優先か?品質が優先か?
毎月の店長会の中でこんな議論がなされておりました・・・
考えるまでもなく、品質が最優先です。
品質なくして、スピードはあり得ません。

これは、どんな業界においても同じことです。
品質が悪いものはお客様からクレームを頂くことになりますし
返品を頂くこととなります。

まずは、品質を一定化することが最優先で
次に、スピードです。
スピードは収益を上げるためには絶対に必要なことで

工場はまさしく、この部分をずっと取り組んでいるわけです。
飲食店ではなぜか?
この部分がおろそかになってきます。

仕込みの時間をどれだけ短縮できるかが生産性を上げるポイント
要は収益に直結するところなのです。
早くから出て作業を始めれば終わる

これでは、改善が進みません。
長時間労働では最終的に疲れて気持ちが切れてしまいます
最高の笑顔でお客様をお迎えするためには

自分に余裕がなければ、いつでも笑顔は生まれません。
毎日、毎日、改善!改善!進化!
小さな居酒屋で世界一生産性の高い居酒屋を目指すのです!
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
朝から店長会
本日は朝から電車がお盆休み~という乗客になっていました
電車を降りても普段と違い、ゆっくりと歩く人が増え
通勤に急ぐ人たちがその合間を縫って歩くような状況

電車の中もかなり少なくなっているような感じを受けました
池袋のお昼もサラリーマンよりも若い人や家族が増え
いつもの人の流れとは明らかな違いです。

そんな夏休みモードの街ですが、本日は朝から店長会
人材の育成や定着を図るためなど様々な問題に対して議論され
非常に聞いていて面白い会議となっておりました

その中で、それぞれのビジョンについて、
独立後をどう描くか?
どういった形で運営することが望ましいか?

どうすることが、雇用した社員の夢を描くことができるのか?
独立してオーナーとなっている店長からその答えが熱く
他の店長からもこうした運営をしていったら良いのではないだろうか?

いい意見がたくさん出てきまして、自分が発言する内容を
それぞれの店長が代わりに発言をしてくれました。
これからが、楽しみです。
by tsukumo
かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
過剰なサービスとは?
前回の店長会で話した、過剰なサービス・・・
お店ではそれをテーマにバディが考えてくれました
過剰なサービスってなんだろう?

そんな問いかけに対して直接コメントをということでした
何か、うれしいので、この場にアップします。

①必要以上な盛り付け!
②お客様への長い対応

①もそうですね~(^^)
いらないって、言うくらいの盛り付けありますよね
もったいないですよね・・・

それが売りのお店もありますが、毎日寄るお店でそれをされても
困りますよね・・・いいよ!
普通でいいよ!って

毎日って、普通でいいんですよね~!
②のお客様への長い対応もこれも困る時ありますね・・・
かわいい子で話したくて行っているお店であれば勘違いしますが・・・

普通にお店の人に話しかけられて、いつまでもいられると
それは、逆に困ります。
お客様の時間を邪魔してはいけません

そして、お客様は一人ではありませんから
他のお客様にとって感じのいいことではありません。
ですから、お客様への長い対応はNGなのです。

1分間ルールです!
こんな感じで、質問頂いた過剰なサービスについて
題材にさせて頂きます。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」