株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
タクシーが変わる
アメリカで日産の車両がタクシーに採用されているそうですが
日本でも体の大きい外国人向けにタクシー業界が変わるようです
NYのタクシー
外国人の旅行者が年々増えることに対しての対応で
車両も乗りやすいワンボックス車両が導入されて
多国籍の来客対応にタブレットを使用して音声案内で対応されるそうです

ラーメン店の券売機も回転すしのタブレットも外国人向けに多言語対応となり
外国人旅行者にとってどんどん便利になってきております
そうした対応が進んできますと、旅行者向けのガイドブックへも紹介されるようになり

インバウンド対応のお店やサービスへの需要が高まることになります
海外旅行でその土地の美味しいものが食べたい
その土地の楽しめるところへ回りたい

そんな需要を満たすためにタブレットを上手に活用
飲食店でもうまく活用を考えて行きたいですねぇ
言葉がしゃべれなくとも、身振り手振りで楽しんで頂く

タブレットを使って写真をうまく使えば
美味しいものを伝えることができます
美味しい写真をとって美味しいものを説明

楽しく伝えられるようにしていきたいですね・・・(^^)
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
プレミアムフライデーが始まる!
政府と経団連は、毎月最終金曜日の午後3時をめどに
従業員に仕事を切り上げさせ、消費を促す
「プレミアムフライデー」を導入とのことですが・・・?

今月24日にいよいよスタートとなりますが
導入企業がどの程度あるのか?
ネットでアンケートの結果を調べますと、数%程度のようですが

ノー残業デイも影響があるのは都心部の一部店舗
世の中的にはあまり、浸透していないような感じです
金曜日に15時に終わって土日が休みとなると

金曜夜発の便で韓国へ焼肉ツアーなんていうのが増えるのか?
前泊してゴルフなんていうのも増えるのかもしれません
居酒屋業界にはどうでしょうか?

早い時間から飲める?
そんなに喜ばしい感じではないような(^^)
旅行業界や買い物需要はちょっとプラスになるのかな?

どのように浸透していくか?
我々業界には縁遠いお話です(^^)

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
メリークリスマス! 今年1年の振り返りです。
今年は改装が1店舗、新たに9店舗がオープンすることができました。
多くの方に支えて頂き、また、多くの出会いが生まれ
多くの笑顔が生まれ、良い一年となりました。

本当にありがとうございます。

新たな仲間が増えました!どうぞ、よろしくお願い致します。

池袋6号店OPEN http://www.kaburaya.bz/shop/post-41/
昭島店OPEN http://www.kaburaya.bz/shop/post-42/
関内店OPEN http://www.kaburaya.bz/shop/post-43/
大久保店リニューアルOPEN http://www.kaburaya.bz/shop/post-11/
池袋7号店OPEN http://www.kaburaya.bz/shop/post-47/
与野店OPEN http://www.kaburaya.bz/shop/post-44/
両国店OPENhttp://www.kaburaya.bz/shop/post-45/
代田橋店OPEN http://www.kaburaya.bz/shop/post-48/
ひばりヶ丘店OPEN http://www.kaburaya.bz/shop/post-49/
石神井公園店OPEN http://www.kaburaya.bz/shop/post-50/

来年、また、皆で良い年を迎えられますよう
そして、また、1年、多くの笑顔が生まれる年にしていきたいと思います。
年の瀬、来年へ向けての準備をしっかりと整えていきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
かぶら屋で独立! 動画ができました!
かぶら屋で独立!
YouTubeにリンクしていますので、クリックしてみてください。

かぶら屋で独立!
動画がアップされました!
ぜひ!ご覧頂きたく思います。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
人口動態
10年後の人口動態
2025.png

20年後
2035.png

30年後
2045.png

出生率の問題で緑の部分は変化しますが
青い部分から上の予測は確定している事実です。
出生が高位推計になったとしても、

少ない労働人口で高齢者を支えないといけないという事実は変わりません
生産性を高めることに対して官民で取り組み
ロボットの活用、外国人労働者の受け入れなど

明らかに今のままではいけない
普通にサラリーマンで働いて、将来が見える会社は良いのですが
将来を描けない仕事ではこの社会を支えることができなくなります

一人ひとりが今、この状況をよく考え、理解して
どのようにそれぞれが、生産性を高める仕事の仕方に向かっていくのか?
誰かがやってくれるのではなく

それぞれが、考えないといけない時に来ているのだと思います。
最低でも世帯年収が1,000万を超える仕事でなければ
間違いなく、世の中支えられません

1,000万を超えてもおそらく、かなり厳しい現実が待っていると思います。
働き方を考えましょう!
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」