株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
築地市場の入荷量の大幅減
豊洲市場の移転問題で騒がれていますが
現在の築地市場の流通量のデータがグラフ化されていて驚きました
築地市場水産物

1980年代の後半がピークだったわけですが
昨年はその半分に落ち込んだそうです
87年のピーク以降、年々落ち込んでいる様子がわかりますが

こんな落ち込み方をしている業界も珍しいように思います
一つは流通が大きく変化していること
そして、もう一つは魚離れが進んでいること

ここ最近の急減はサンマやイカの漁獲が急激に落ち込んでいること
など、様々な要因が重なっていることでここまでの落ち込みになっていますが
このままの築地市場では益々厳しくなることは目に見え

新たな市場を造ることで市場としての役割を見直していくこと
間違いなく必要です
家で魚を料理する家庭が益々減少します

魚を食べる人が減れば、買う人が減り
売れなければ、獲る人が減っていきます
漁獲が減れば、水揚げがある魚、売れる魚を獲りに行くことになり

流通する魚も変化して来ることでしょう
スルメイカの漁獲が激減しています
かぶら屋の定番メニュー・・・イカフライやイカ串焼き

塩辛がメニューから消える日が心配です
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
セミセルフレジの拡がり
人手不足が進むこれからの時代に向けてスーパー各社にも動きがあります
近所のスーパーにセミセルフレジが導入されました
かなり以前に他店には完全セルフのレジが導入されていましたが

そこに並ぶ人の数よりも、人がいるレジに並ぶ人の方が多く
セルフレジが拡がらないように見受けられました
その要因はバーコードを読み取らせる手間です

シロートがやるよりも慣れた店員さんの方が圧倒的に早く
単品1個買うにしても、会計も人がいるレジの方が早く済みます
お年寄りにはなお、慣れないセルフは難しいというのが拡がらない要因であったように思いますが

今回、近くのスーパーでは全てをセミセルフのレジに入れ替えとなりました
選ぶことができませんので、お年寄りも言われた通りに会計を自分で行いますが
慣れるまでは大変だろうと思います

しかし、バーコードを読むところまでは以前と同じため
自分でやるよりは手間はありません
この方が普及は早いと思います

お会計もカードで支払うには不便もなく自動販売機でお金を投入する感覚で広がりはあると感じます
レジにかかる時間が5%削減されるとのことですが

人が少なくて済むレジスタイルにはまだ先のようです
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
良いお店には理由がある
新年早々、店長の資格試験の申請が上がってきました
これもうれしい瞬間です
どちらも、良い結果を残せている店舗からです

やはり、店舗は人なのです
チェーンであれば人であっては、いけないというご意見もあると思いますが
同じくチェーンでも結果として人によって左右されているようです

どんなにマニュアルがあろうとも、ブランド力があろうとも
お客様からは同じように見えても
そこを管理するのは人です

その人が定着しないお店、人が育たないお店には
結果が生まれてきません
一人でやれることは限られています

結果として自分以外の人をどれだけ育成できているか?
そこに、昨年に対しての結果が積み重なるのだと思います
人が育つお店、人が定着するお店

結果として良いお店とお客様に感じて頂けるお店となるのです
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
お正月の人出
今年のお正月ですが、3が日が暖かい日が続き
都心部は曜日構成の影響なのか?
かなりの人出となりました

かぶら屋では2日からの営業店舗がありますが
単日の売り上げ新記録を更新した店舗も出て
新年から多くのお客様にご来店頂きました

誠にありがとうございます。
昨日が仕事初めの方も多くいたかと思いますが
昨日から急に冷え込みが続いています

今年は4月までに4店舗くらいの出店が続きそうで
いいスタートが切れそうです。
都心部、各駅にかぶら屋がある!

一歩一歩ではありますが、拡げていきます
どうぞ、宜しくお願い致します。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
人が集まるお店と集まらないお店との違い?
人が集まり、定着するお店と、人が集まらず、定着しないお店の違いは何でしょう?

楽しいお店や、働く人が集まり定着するお店には、お客様も定着します。
カフェの業界を見ても、業界的には集まりやすい業界のようですが、
同じようにやっているカフェでも集まるお店と集まらないお店があるのです

ここで働きたい!そう思えるお店。
かぶら屋には楽しそう!そう言って入ってくるバディがいます。
そういうお店になっていますか?

こういうお店を持ちたい!こういうお店をやってみたかった!
そう言って、入って来た仲間がたくさんいます。
このお店で働きたい!

そう思われるお店を創りましょう!
どういうお店でならば、働きたいと思いますか?
自分達を振り返り、単に作業を繰り返すことなく、ここで働きたい!

そう思われるお店を自ら創っていきましょう!
一緒に働きたい!そう思われる人に自らを成長させましょう!
人材不足が加速する今だからこそ、

人材が集まることが競争力となり
そこにこそ大きなチャンスが生まれるのです。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」