株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
賃金よりも仲間意識や承認が有効
ハーズバーグの衛生理論・動機づけ理論でも言われていることですが
給与・時給などの衛生要因は直接的な動機づけにはつながらないことが明らかにされています

日経新聞にも下記のようにまとめられていましたが
アルバイトを決める時には賃金や場所、時間など条件面が重要ですが
定着に有効なのは動機付け要因
Image-1_convert_20180514195320_convert_20180514195525.jpg

辞める理由をそれぞれつけて辞めますが
実際のところは、公平な評価が無いことや
認めてもらえない・・・承認欲求

所属・愛の欲求とありますが、会社やお店に対するロイヤリティ
仲間がいることや社長、店長、社員とのつながりが深いことで
辞めると迷惑かけてしまうから・・・休むと悪いから・・・

お店や人に対するロイヤリティが高ければなかなか辞められなくなるものです
逆に関係が希薄だから勝手に休むし何も言わずに辞めてしまう
急に来なくなってしまうことにもなるわけです

新しい人が入る時期
まずは、コミュニケーション・連帯感
次に小さな成功体験によって仕事の楽しさを覚えます

飲食店の楽しさ・・・作業だけでは感じえません
お客様とのふれあいからその楽しさを感じるのです
by tsukumo
スポンサーサイト
かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
かぶら屋 町田2号店 オープニンしました!
かぶら屋 町田2号店 オープニングメンバーです!
楽しみなメンバーがたくさん集まりました
皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

24a041b4-0319-4cd2-ab20-093bcf86c173_(1)_convert_20180510100213.jpg

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
かぶら屋 町田2号店 本日オープンします!
IMG_0519_convert_20180509100834.jpg

昨年に続き、町田に2号店が本日オープンいたします
小さなお店ですがお持ちかえりもできます
ちょっと寄って一杯!
町田の皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

住所:東京都町田市森野1-37-10 きめたハウジング第23ビル 1F
電話番号:042-785-5222
カウンター9席 テーブル21席

by tsukumo
[かぶら屋 町田2号店 本日オープンします!]の続きを読む

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
フードコート
ゴールデンウイークでどこも混雑をしておりますが
こんな時にショッピングモールのフードコートを利用しますと
席の確保も大変で商品を買いに行くのも大変

そんな大変を緩和するためのシステム化として
三菱地所が運営するスナモショッピングモールのフードコートで
スマホで注文して決済するシステムが導入されました

席を確保すれば、並ばなくてもスマホで注文をして決済まででき
出来上がったら取りに行くだけというものです
席の確保をしても荷物を置いておくわけにもいかず
よく、ハンカチやタオルなどを置いているのを見かけます
それを解消するためのサービスです

フードコートはすいている時には家族で行って
それぞれが好きなものを食べることができることが良いのですが
混んでいますとその良さが生きません

まずは、席の確保・・・
運がよければ、席を見つけることができますが
席を確保するのが本当に大変・・・

そんな思いをしてことありませんか?
席の確保をしてもらえるサービスなのか?システムなのか?
どうやったらできるのかな?って考えてしまいます

その上で各店へ並ばなくても注文できるシステムと
合わさればもっと利用しやすくなるかと思うのです・・・
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
子供の日
子供の数_convert_20180505162607
毎年発表されるこどもの日の子供の数です
14歳以下のこのグラフを見ますと3,000万人いた団塊世代から
60年代生まれの自分達の世代に2,500万人にまで落ち込み

その後70年代後半には団塊ジュニア世代で盛り上がりましたが
次の山が無く、下降線
1,553万人の今の世代が大人になって子供を産む世代になった時

今から30年後・・・2050年
単純計算で今の出生数から1.45人からしますと
1553万人÷2(女性の数)×1.45(出生数)=1,125万人

30年後には更に30%近く減少です
労働人口も同様に毎年10%近く減り続けることになっていくわけで
生産性を高めたビジネスモデルへと転換

急速に進めていかないといけません
その一つがキャッシュレス
キャッシュレス社会へと進められますと生産性がものすごく高まります

日々の現金管理
現金を数え、現金を入金し、入金された金額とレジデータの照合
合わせて、現金管理をする上での教育等にかかる時間

現状、手数料等が高く、なかなかカードや電子マネーが個人店には普及せず
現金主義社会のため、現金決済を無くし電子マネーのみとできないのが
我々小規模店舗の現状です
一気にキャッシュレス社会への転換を願います
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」